So-net無料ブログ作成

アルプス氷河特急2(室内灯取付) [新LED室内灯キット]

IMG_0949-1.jpg
KATOのアルプス氷河特急は元々室内灯が取付出来ない構造になっておりますが、無理?して取付を強行しております。車体の室内灯ユニットの取付は無事終了しましたが、最後に台車集電があります。いろいろ試してみました。
Web上に載ってたchihiro式です。http://blogs.yahoo.co.jp/chihirosys/26450663.html
0.25mmのリン青銅線を折り曲げて車輪のピポットに接触させる方法です。出来上がりました。
IMG_0899-1.jpg
ダメでした。折り曲げでピポットへの接触力を調整するのですが、坂でも重くて転がって行きません。
IMG_0898-1.jpg
次にTOMIXの旧式集電を使ってみました。これも重くてダメでした。
IMG_0897-1.jpg
リン青銅板で集電板を作ることにしました。0.1mm厚に穴を開け。
IMG_0902-1.jpg
鋏で切り出しました。
IMG_0895-1.jpg
0.25mmのリン青銅線をカットして集電板の真中にハンダ付けしました。
IMG_0896-1.jpg
台車に0.4mm位の穴を開けて差し込みます。転がりは集電板がないのとほとんど同じに転がって行きます。
IMG_0900-1.jpg
IMG_0901-1.jpg
4両分出来上がりました。
IMG_0938-1.jpg
リン青銅線を折り曲げてその上にスプリングをハンダします。台車と床下の間の距離が短いので通常のスプリングは使えません。KATOのカプラースプリング(柔らかい方)をハンダ付けしました。
IMG_0944-1.jpg
これでも長いので半分にカットして、はみ出たリン青銅線をカットしました。
IMG_0947-1.jpg
但し、ハンダ付けを素早くしないと台車を溶かしてしまいます。集電板の銅色が少し見えていますが、黒メッキでもしますか?
車体側のメッシュ導電テープの上だと台車の動きが悪いので、スプリングの接触部分だけ導電銅箔テープを貼りました。
IMG_0906-1.jpg
またメッシュ導電テープと銅箔テープの相性は良く貼るだけで通電します。
出来上がりました。後は車体に嵌めるだけです。
オンザレールで点灯しました。手で4両の車両を動かすと少し重くなっておりますが、6~7両だったら問題ないかと!
IMG_0965-1.jpg
2等車
パノラマ車両なので真横からだとLEDが少し見えますが、気にならない範囲です。
IMG_0963-1.jpg
IMG_0964-1.jpg
1当車
IMG_0950-1.jpg
IMG_0962-1.jpg
パノラマバー車両
明るすぎましたね。後で減光しましょう。
IMG_0951-1.jpg
IMG_0961-1.jpg
次回、フィギアでも乗せてみましょうか?
To be continued



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

くみちょ

いつもグランライト愛用しております。

買い足しを考えてますが、週末の蒲田イベント

では販売されますでしょうか?




by くみちょ (2016-10-18 22:21) 

庄龍

くみちょ様、コメントいただき並びにグランライトをご愛顧ありがとうございます。蒲田ですが事情により今回は出店しません。U-Trainさんのブースで取引先の亀屋さんが出店しております。当方も1日は訪問いたします。もし以前の限定品などもご連絡いただければお渡しすることができますがよろしくお願いいたします。
by 庄龍 (2016-10-19 08:28) 

くみちょ

ご返信有難うございます。
限定品のGL-20PW × 10箱 準備可能でしょうか。
日曜日の午前中に蒲田イベントへ行こうと思います。
宜しくお願い致します。
by くみちょ (2016-10-19 23:22) 

庄龍

ありがとうございます。もちろんご用意させていただきます。23日の午前11時には会場に入れると思います。U-trainさんのブースか、下記メルアドにご連絡いただければと思います。
zhuangsi@rd5.so-net.ne.jp
by 庄龍 (2016-10-20 08:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0