So-net無料ブログ作成
検索選択

鉄コレにグランライトNSを取付 [グランライトNS室内灯]

IMG_1207-1.jpg
グランライトNS(ハンダ付け不要)室内灯は発売以来、新規のお客様も増え好評発売中です。通常は6両入りのパッケージですが、府中の金太鉄道さんでは12両入りを発売しております。
グランライトのハンダ付け不要を活かしてTOMYTECの鉄道コレクションに取付けてみました。
取付けたい本命はコレ。
IMG_1209-1.jpg
今年ブルーリボン賞の阪神5700系、あいにく車両の方向幕の位置の間違えで、TOMYTECより修正した新しい車体を待っております。今だに届きませんが!またイズムワークスの点灯化キットがまだ出来上って来ないので、入荷次第作業に取り掛かることにします。
その前に同時購入した阪急5300系で試しに、グランライトNS(白色)を取付けてみました。
IMG_1212-1.jpg
ご存じだと思いますが、鉄コレは車体の材質と塗装がKATO/TOMIXなどと違い、通常の室内灯を取付け点灯すると透けてしまいますので、室内灯を相当暗くするか、遮光しなくてなりません。
当方は車体にマスキングして中からサッフェッサーとクリーム色でスプレー塗装しました。
IMG_1188 (2)-1.jpg
厚く塗装すると窓枠からはみ出てしまうので、マスキングテープをしっかり貼って、薄めにスプレーしました。
室内灯のユニットの製作はまず680Ωをブリッジダイオードの前に入れて相当減光しました。
方法は室内灯ユニットのこの部分をカットします。
IMG_1182-1.jpg
裏返して、テープをはがすとこの部分です。
IMG_1183-1.jpg
カット後。
IMG_1185-1.jpg
表側でカットした部分にChip抵抗をハンダ付けします。(残念ですがここはハンダ付けが必要です(泣)
IMG_1186-1.jpg
点灯チェック。暗くなっております。
IMG_1187-1.jpg
車体の屋根裏の中心に屋根を止める爪が邪魔しておりますので、
IMG_1188.JPG
この部分を避けて室内灯をカット、真中にLED1個を追加して繋いでおります。(ここでもハンダ付け
(泣)
阪神5700系はありませんのでそのままハンダ付けなしで大丈夫です。
IMG_1189-1.jpg
IMG_1190-1.jpg
ここでグランライトNSに付属しているメッシュ導電テープを窓ガラスに貼り室内灯ユニットの入力端子に貼り集電します。
IMG_1193-1.jpg
IMG_1195-1.jpg
イズムワークスの台車集電シューを利用して床下に穴あけし、車体と床下を合わせます。
オンザレールで点灯してみました。
IMG_1198-1.jpg
IMG_1200-1.jpg
IMG_1205-1.jpg
車体は透けておりませんね!やはり塗装と減光が効いております。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0