So-net無料ブログ作成

D51498SL銚子4(高崎車両センター) [グランライトLV(コアレスモーター対応室内灯)]

DSCF9745-1.jpg
TOMIX JR 旧型客車高崎車両センター用の室内灯が出来上がりましたので、車両に組み込みました。
DSCF9732-1.jpg
集電スプリングが長めになっておりますので簡単に車体と床下を合わせることが出来ました。
DSCF9734-1.jpg
ダミーカプラー、転落防止柵、反射板を取付、オンザレールで点灯しました。
スハフ32
DSCF9746-1.jpg
DSCF9747-1.jpg
オハ二36
DSCF9750-1.jpg
オハ47
DSCF9751-1.jpg
DSCF9752-1.jpg
スハフ42
DSCF9753-1.jpg
DSCF9755-1.jpg
座席が青一色ですので写真では青っぽくなっておりますが、均一でいい感じです。
D51を連結しました。
DSCF9758-1.jpg
DSCF9761-1.jpg
ところでグランライトLV正直言って売れておりません。価格が高いのとコアレスモーター搭載の車両がまだ少ないためですが。最近になって秋葉原でぼつぼつ売れてきております。
通常のグランライト同様、ご愛顧よろしくお願いいたします。
The End(D51498SL銚子)

D51498SL銚子3(高崎車両センター) [グランライトLV(コアレスモーター対応室内灯)]

DSCF9721-1.jpg
TOMIX JR 旧型客車(高崎車両センター)に室内灯を取付けました。牽引機がKATO D51498コアレスモーター搭載なのでグランライトLV(電球色)を使ってみました。取付はグランライトと全く一緒になります。しかし問題が。すべての車両の両端に遮光ケースが取付られて、本来の端集電ができません。
DSCF9729-1.jpg
外しても出来ますが。スハフ32/オハ二36/スハフ42はテール用赤いプリズムが入っておりますのでテールの穴が開いたままになってしまいます。
DSCF9730-1.jpg
また集電板はウエイト兼用の2本ではなくテール点灯基板の一体型でうまく集電ができるかどうか?(TOMIX随分進化?しました)
遮光ケースはそのままでオリジナルの集電スプリング方式にしました。付属の電極板は本来と逆にします。
DSCF9718-1.jpg
また半分にカットして室内灯ユニットの幅に合わせます(屋根裏の穴を塞がないように)
DSCF9719-1.jpg
電極板を折り曲げ少しカットして、スプリングの位置を室内灯にマーキングしてハンダ付けします。
DSCF9720.JPG
屋根裏に丸いボッチがあり少し膨らんでいますので、そこを避けてプラ板をカットしております。
DSCF9714-1.jpg
出来上がりました。当方の集電スプリングは長さ17mmで深い屋根にも対応しております。今回は3mmほどカットしました。
DSCF9716-1.jpg
上からオハ二36, スハフ32, スハフ42 x 2, オハ47 x 3, スハフ42、均一に点灯させるため集電位置を変えております。
DSCF9723-1.jpg


To be continued

D51498SL銚子2

DSCF9704-1.jpg
D51498SL銚子をNゲージで再現するためにTOMIX JR旧型客車(高崎車両センター)を探していたとことやっと見つけて入線しました。ほぼ完売状態でしたがある所にはあるかな?
セット内容はオハ二36 11/スハフ32 2357/スハフ42 2173/オハ47 2261/オハ47 2266/スハフ42 2234の7両セットになっております。
DSCF9699-1.jpg
先日実車撮影したSL銚子の編成は 銚子←D51 498+オハ二36 11+オハ47 2246+オハ47 2261+スハフ42 2234+スハフ42 2173+スハフ32 2357+DE10 1751(補機)→佐原 で旧客6両でした。
オハ二36/スハフ32/スハフ42の3両はONOFF付きのテールライト点灯仕様になっております。
DSCF9707-1.jpg
車体と床下に分離すると
DSCF9709-1.jpg
ばらししてみました。両サイドテール点灯用の長い基板が入っております。
DSCF9712-1.jpg
1608サイズの小さい赤色ChipLEDを使っておりました。これでも結構明るいですね。
DSCF9713-1.jpg
これから室内灯などを取付けていきます。
To be continued







D51498SL銚子1

DSCF9689-1.jpg
先日実車撮影したD51498SL銚子をNゲージで再現してみました。ただHMを作成して貼っただけですが。
DSC_0041.JPG実車(01/29)
実車HM写真から編集プリントし、穴パンチでカットしたのですがもう少し鮮明であれば!
DSCF9662-1.jpg
補助灯も取付たいですね。牽引する旧客を探しております。TOMIXの高崎車両センターは売切れだし。

485系白鳥 側面方向幕シール [グランライト新LED室内灯]

DSCF9648-1.jpg
TOMIX 485系3000番台白鳥は昨年グランライト室内灯+側面方向幕点灯LEDを取付けました。
DSCF9658-1.jpg
サイドビューLEDではなく3216白色1個だけてすが、点灯状態はいい感じです。
DSCF9659-1.jpg
TOMIX製品は肝心の方向幕シールが付属しておりませんので、他から調達しなければなりません。485系はいろいろ出ておりますが、白鳥はほとんどなく1社のみかな?MK模型店(元きらめき工房)にありましたので購入してみました。しかも0.2K以下で安価でした。
早速函館行を取付点灯してみました。
DSCF9651-1.jpg
DSCF9650-1.jpg
もう少し文字が鮮明だといいのですが、またベースが黒なのである程度光を通過する素材にしてもらえると!
DSCF9655-1.jpg
個人的にはKATO製品に付属しているシールが一番いいかなと思っております。


20系ナハネフ23 [グランライト新LED室内灯]

DSCF9624-1.jpg
KATOのナハネフ23は20系さくら長崎編成に入っているのですが、当方は佐世保編成のみ所有(以前のさくら編成を持っているため)しておりますが、ナハネフ23はどうしても他の編成に必要なため探しておりました。
DSCF9645-1.jpg
DSCF9644-1.jpg
本家KATOホビーセンターではAssyもありません。ヤフオクでは見つからず、秋葉原P店では長崎編成が18Kとべらぼう。またEF58長岡運転所も18Kでした。先日近所を散歩中Y店で単品で発見、即購入しました。
DSCF9626-1.jpg
価格は0.8K.でもちょっと変です。ラインが2本だけです。JRのインレタが貼ってあります。
DSCF9628-1.jpg
さよなら20系でした。
http://www.katomodels.com/n/20kei_sayonara/
しかしKATOのさよなら20系を見るとナハネフ23は載っておりません。どうやら改造しましたね。
これでは他の編成に組み入れ出来ませんので、裏ワザを使って正規の3本ラインのナハネフ23、しかも新品に戻します。完成は約1ヶ月後です。乞うご期待!!

側面方向幕点灯加工2 [カスタム加工]

DSCF9635-1.jpg
以前の255系BOSO VIEW EXPRESSの記事でクハ254の側面方向幕点灯と後進時車掌室点灯の画像を載せましたが、今回は内部公開です。
クハ254の客席と窓は端まであるためグランライトのブリッジダイオード側は極力端に持っていきます。
DSCF9629-1.jpg
側面方向幕用サイドビューLEDの位置は違いますが前回同様(サハ254)の配線になっております。
後進時点灯用LEDは2012サイズの白色ですがナチュラルホワイト色でもいいかな。ここで前進時は点灯しないようにLEDのー(マイナス)は途中1.2KΩを付けてグランライトの入力端子まで0.2mmポリウレタン銅線で繋いでおります。LEDの+そのままもう一つの入力端子に繋いでおります。
DSCF9630-1.jpg
車掌室の屋根に配置すると前からLEDが丸見えですので運転椅子の後方に両面テープで貼っております。
DSCF9632-1.jpg
DSCF9633-1.jpg
オンザレールで点灯中。
DSCF9634-1.jpg
DSCF9637-1.jpg
DSCF9640-1.jpg
The End(側面方向幕点灯加工)






Nゲージ大図鑑2016 [グランライト新LED室内灯]

DSCF9620.JPG
鉄道模型雑誌RM MODELSの発行元ネコパブリッシングで日本型Nゲージ新製品オールカタログ「Nゲージ大図鑑2016」が発行されました。
Nゲージ製品のすべてがこの一冊に凝縮されております。価格は1600円税込とお手頃です。
その中のパーツ・アクセサリー部門でグランライトを載せていただきました。
DSCF9623.JPG
新たな取扱店としてチヨダレールセンター(東京秋葉原),Nパークとだ(埼玉県戸田),石田商店(千葉船橋)さんが加わっております。
Nゲージユーザー様に少しででも拡販できればと願っております。
販売先である金太鉄道さんと松原模型さんも載っております。ぜひ購読いただければと思います。


側面方向幕点灯加工1 [カスタム加工]

DSCF9600-1.jpg
最近,車両の側面方向幕点灯に関するお問い合わせが増えてきておりますので、取付加工を公開したいと思います。KATOから昨年発売した255系の6号車サハ255を例に進めていきます。
用意する物はグランライト室内灯(1両分), サイドビューChipLED x 2, 0.1mmポリウレタン銅線(少々),Chip抵抗(1.2kΩ) x 1, 工具としてハンダコテ(15W位), ハンダ, ピンセット、鋏など.
サイドビューChipLED(白色)は秋葉原A電子で20個入り200円です。
DSCF9613-1.jpg
発光する所を上にして右が+左が-になります。
DSCF9617-1.jpg
ポリウレタン銅線は秋葉原S無線で40円/巻です。
DSCF9614-1.jpg
まずグランライトの室内灯を屋根裏に貼る前まで組立ます。付属のプラ板に必ず貼ります。
屋根裏に置き,側面方向幕の穴の中心に印を付け、サイドビューChipLEDを瞬間接着剤で固定します。
DSCF9579-1.jpg
DSCF9580-1.jpg
1.2KのChip抵抗をグランライトの+にハンダして,サイドビューChipLEDとChip抵抗の各端子とグランライトの-端子にフラックス(又はペースト)を塗りハンダを盛ります。
DSCF9582-1.jpg
ポリウレタン銅線を適当にカットして、先をハンダを当てて被覆を剥がします。
DSCF9583-1.jpg
配線します。
DSCF9584-1.jpg
DSCF9585-1.jpg
グランライトの電極板に通電して点灯するかテストします。
DSCF9588-1.jpg
屋根裏に貼って出来ました。
DSCF9591-1.jpg
オンザレールで点灯テストします。いい感じです。
DSCF9593-1.jpg
DSCF9594-1.jpg
255系に付属している行先表示シールを貼って完成です。しおさいの銚子行にしてみました。
DSCF9601-1.jpg
DSCF9603-1.jpg
DSCF9610-1.jpg
注意点はサイドビューChipLEDにハンダする場合、ハンダが溶けたらすぐにコテを離してください。当てすぎるとLEDが溶けてしまいます。また1.2KΩのChip抵抗を3~5Kにすれば暗くなります。
To be continued