So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

RM MODELS 267号(2017-11) [グランライトS室内灯]

IMG_4390-1.jpg
今月発売のRM MODELS 267号(2017-11)に先月開催された「第18回鉄道模型コンベンション」レールマーケットに出品した当方の新製品が載りました。
IMG_4393-1.jpg
寝台車両取付対応のグランライトSは現在,好評発売中です。またBTユニットは現在量産品を製作中です。
グランライトSは下記の模型販売店,レンタルレイアウト店に出荷済で販売中です。(敬称略)
・チヨダレールセンター(東京秋葉原)
・金太鉄道(東京府中)
・リカラー(東京下落合)
・Nパークとだ(埼玉戸田)
・プラスポート(神奈川新横浜)
・石田商店(千葉船橋)
・亀屋(大阪日本橋)


nice!(1)  コメント(0) 

"グランライトS”の個室寝台車両への取付2(TOMIX編) [グランライトS室内灯]

IMG_4375-1.jpg
TOMIX製品の寝台車両へのグランライトSの取付はKATO製品と一緒で開放形B寝台と個室寝台とに分かれますね。TOMIXの24系25形寝台特急「瀬戸」に取付けてみました。点灯色はナチュラルホワイト色にしました。
オハネフ25開放形寝台は取扱説明書の通り室内灯ユニットは屋根裏の真中に貼ります。屋根裏は円形ドーム状になっていて突起物もあり,
IMG_4350-1.jpg
3㎜厚のプラ角材などを入れて突起物を避けて貼って台を作ります。
IMG_4355-1.jpg
また寝台座席にはオリジナルの室内灯を固定する爪がありますので,
IMG_4352-1.jpg
室内灯ユニットの幅の8㎜以下にしないと接触して車体がハマりません。
IMG_4358-1.jpg
点灯してみました。
IMG_4359-1.jpg
綺麗に均一に点灯しております。
IMG_4360-1.jpg
次にオロネ25個室寝台に取付けます。爪がありません。保有する24系瀬戸,14系あかつきなどもありませんね。
IMG_4366-1.jpg
また北斗星も仲間から画像を送っていただきました。これもありません。
image1-1.jpg
もし通路側が暗かったら室内灯ユニットを通路側にずらして明るくすることができます。
オロネ25などのTOMIXの個室寝台はスプリング集電の位置に仕切板がありません。どうしてもスプリング集電では仕切板が邪魔なのでここはカットしております。もちろん実車はあります。グランライトSは端集電なのでここを塞いで個室にします。仲間の北斗星も内装シールを貼っております。
IMG_4367-1.jpg
最初室内灯ユニットを真中の位置で取り付けてみました。
IMG_4369-1.jpg
点灯してみました。
IMG_4373-1.jpg
通路側もいい感じで点灯しております。
IMG_4375-1.jpg
室内灯ユニットを通路側にずらしてみました。電極板をずらしてハンダ付します。
IMG_4376-1.jpg
車体の屋根裏に貼りました。
IMG_4377-1.jpg
点灯してみました。これも綺麗に均一に点灯しております。
IMG_4382-1.jpg
IMG_4380-1.jpg
通路側はあまり変わりませんね。TOMIXの場合,屋根裏と個室の仕切板の間が広いので光が拡散します。
IMG_4385-1.jpg
TOMIXの個室寝台車両へのグランライトSの取付は取扱説明書の通りでいいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

京王線5000系試乗会 [イベント]

DSC_0061-1.jpg
昨日は鉄道友の会(JRC)主催,今月デビューする京王線新型車両5000系の試乗会に参加して来ました。台風の影響で開催が危ぶまれましたが,多摩動物公園で10両編成の車両を公開,その後若葉台まで試走しました。多摩動物公園駅へ入線。
DSC_0019-1.jpg
側面方向幕は「試運転」「京王八王子」。
DSC_0021-1.jpg
DSC_0063-1.jpg
いちばんの特徴は座席指定列車時はクロスシート,通常運行時はロングシートに変換できる座席を採用。乗車前に切替を見ることができました。
DSC_0025-1.jpg
乗務員室。
DSC_0050-1.jpg
運転台表示はメーター表示器x2,列車情報管理装置(K-TIMS)x1の3画面構成。
DSC_0067-1.jpg
室内。
DSC_0045-1.jpg
DSC_0065-1.jpg
J-TREC製造。
DSC_0075-1.jpg
ロング/クロスシート座席。
DSC_0058-1.jpg
妻部3人掛け固定座席。
DSC_0040-1.jpg
車椅子スペース。
DSC_0056-1.jpg
妻引戸。
DSC_0042-1.jpg
電源コンセント(一人に1個装備)。
DSC_0076-1.jpg
防犯カメラ(4台/両)。
DSC_0055-1.jpg
車両ビジョン(各ドア上部/中央部に装備)。
DSC_0054-1.jpg
LED間接照明(調光機能付き)。
DSC_0080-1.jpg
無料公衆無線LAN。
DSC_0074-1.jpg
試走経路は多摩動物公園を出発し,高幡不動で停車スイッチバックして新宿方面へ。調布を過ぎつつじが丘で停車スイッチバックして調布から相模線に入り若葉台へ到着。無事終了しました。
途中調布付近の地下走行時,室内灯の白色から暖色へ切替がありました。
DSC_0073-1.jpg
DSC_0079-1.jpg
京王電鉄様からお土産をいただきました。記念のプレート/ピンバッチ/ネクタイピン。
DSC_0086-1.jpg
雨の中,便宜を図っていただいたJRC/京王電鉄の皆様に厚くお礼を申し上げます。

nice!(2)  コメント(1) 

"グランライトS”の個室寝台車両への取付1(KATO編) [グランライトS室内灯]

IMG_4341-1.jpg
新発売の”グランライトS”は寝台車両にほとんど加工がなくそのまま取付でき,均一に綺麗に点灯することが最大なる特徴です。車両はKATO/TOMIX/MAと各メーカーが発売しておりますが、内部の構造はそれぞれ少し違っております。今回はKATO製品への取付方法です。24/14/20系などの開放形B寝台は取扱説明書の通りの取付で問題なく均一に綺麗に点灯します。しかし24/14系には個室寝台があります。KATOの場合、まず屋根裏が平になっており、寝台座席との隙間が狭くなっております。室内灯ユニットを屋根裏の真中に配置すると,通路(廊下)側に光が拡散されなく暗くなってしまいます。北斗星(スハネ25-503)取付ました。ドアの所だけ明るいです。
IMG_4153-1.jpg
そこで追加のLEDなして通路側を点灯するために,室内灯ユニットを真中ではなく廊下側にずらす必要があります。しかし電極板と集電シューの接触は真中なので、電極板のハンダ付を少し変えます。電極板には4つの半田する端子が出ております。そのうち外側と内側の2個を使い,残りの2個はカットします。
IMG_4321-1.jpg
室内灯ユニットはプラ板から少し出るくらいに貼ります。出来ました。
IMG_4323-1.jpg
電極板は真中に位置しております。
IMG_4317-1.jpg
プラ板に貼らなくても直接屋根裏にずらして貼っていただいてもOKです。
北斗星(オハネ25-566)に取付けました。
IMG_4337-1.jpg
IMG_4338-1.jpg
オンザレールで点灯してみました。
寝台側。均一で綺麗に点灯しております。
IMG_4345-1.jpg
通路側。ちょうどいい明るさで均一に点灯しております。
IMG_4343-1.jpg
IMG_4341-1.jpg
次回はTOMIX編です。




nice!(0)  コメント(0) 

"グランライトS”(寝台車両取付対応)室内灯発売しました。 [グランライトS室内灯]

IMG_4292-1.jpg
やっとグランライトSの室内灯ユニットが入荷しましたので,昨日から発売,発送を開始しました。某レンタルレイアウト店からは既にご注文をいただいておりましたので,本日から店頭に並ぶかと思います。
入荷した室内灯ユニットです。
IMG_4296-1.jpg
左から白色/ナチュラルホワイト色/電球色。
昨日出荷したグランライトS/6両入り。
IMG_4291-1.jpg
取扱説明書は4~5日前に出来上がっておりました。
グランライトS038-1.jpg
ヤフオクには本日出品予定です。
これから北斗星/トワイライトエクスプレスなどの車両に取付/点灯状態をこのブログに載せていきたいと思います。
KATOのトワイライトエクスプレスB寝台にグランライトS電球色を取付。
IMG_4332-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

E655系「和(なごみ)」に乗車 [旅行記]

DSC_0016-1.jpg
JR東日本の四季島/JR西日本の瑞風には料金が高すぎてお手上げですが,一昨日E655系「(和)なごみ」の体験乗車ツアーに参加して来ました。JR松本から上野までの片道で夕食弁当付きです。
経路は中央本線から武蔵野線/常磐線を経由して上野に到着するルートで,松本出発が15時台で首都圏に入るのが丁度通勤時間帯なので約5時間を要しました。
松本駅で出発前に撮影。車両がピカピカなので反射していいのが撮れませんね。
DSC_0030-1.jpg
DSC_0051-1.jpg
DSC_0053-1.jpg
側面方向幕はGマーク入りの団体。
DSC_0019-1.jpg
出発後すぐに時刻表が配られました。運転室でよく見る時刻表を小さくまとめております。秒まで詳しく載っております。速度種別も。列車番号は9032M。
DSC_0085-1.jpg
外観は尾久ふれあい鉄道フェスティバルで見ておりましたが,室内は初体験です。
DSC_0044-1.jpg
DSC_0023-1.jpg
座席は横1+2列配置の電動リクライニングシート。
DSC_0027-1.jpg
この日は申込者が少ないのか?1人横1列3座席が割り当てられました。
DSC_0064-1.jpg
8インチの液晶モニターが付いており,TV/ビデオに加え前方/後方展望がご覧いただけます。
DSC_0066-1.jpg
DSC_0069-1.jpg
荷物の収納は飛行機と同じ。
DSC_0073-1.jpg
廊下,壁すべて木目調になっております。
DSC_0020-1.jpg
DSC_0042-1.jpg
3号車のVIP車両の入り口。
DSC_0076-1.jpg
9席だけの本革仕様のVIP座席。
DSC_0040-1.jpg
室内灯は間接照明。点灯色は電球色かな?
DSC_0077-1.jpg
無事上野駅16番線に到着。ここで約2時間停車後回送となりました。
DSC_0078-1.jpg
KATOのE655系+特別車両も既に入線しており,これから手を加えていきます。
DSC_0087-1.jpg






nice!(1)  コメント(0) 

14-700系客車サロンカーなにわ [グランライト新LED室内灯]

IMG_4289-1.jpg
再生産のTOMIX JR14-700系客車サロンカーなにわ7両セットが入線しました。JR西日本のオールG車で展望車のスロフ14形が2両+オロ14形が5両の7両編成になっております。早速グランライト室内灯ナチュラルホワイト色を取付ました。
展望車のスロフ14形の室内灯ユニットを作成しました。LEDは5個分でちょうどなのですが、車両後方には乗務員室がありますのでカットして余ったLED1個分を付け加えております。
IMG_4230-1.jpg
座席にオリジナル室内灯を挟む爪がありますので接触しないようこの部分のプラ板をカットしております。オロ14形も同様です。プラ板を使わない場合はそのままでOKです。
IMG_4231-1.jpg
オロ14形の5両の室内灯ユニットを作成しました。LEDは6個で丁度で側面方向幕キットAを組んで追加しました。
IMG_4232-1.jpg
IMG_4234-1.jpg
車両の屋根裏に貼るのですが、問題が! 段差があります。0.5mm厚のプラ板カットして貼りました。またオリジナル室内灯を挟む爪(カットしてもいいのですが)が接触しますのでここの部分を細くしております。
IMG_4247-1.jpg
IMG_4236-1.jpg
オロ14形に取付けて点灯してみました。側面方向幕用の白色ChipLEDの光がドアの方まで来ていましたので,この部分に1mm厚のプラ板をカットして仕切板を入れました。
IMG_4243-1.jpg
IMG_4245-1.jpg
IMG_4239-1.jpg
オンザレールで点灯してみました。
スロフ14-703
IMG_4276-1.jpg
IMG_4277-1.jpg
スロフ14-704
IMG_4278-1.jpg
IMG_4279-1.jpg
オロ14形
IMG_4280-1.jpg
IMG_4282-1.jpg
側面方向幕は?少し光が強いような? シールを貼ったら丁度いいかも。ペンギンで発売しているので後日貼ってみましょう!
IMG_4286-1.jpg
IMG_4255-1.jpg
お待たせいたしましたグランライトS寝台車両対応室内灯出来上がりました。すでに工場より発送しておりますので今週発売いたします。ご期待ください。
nice!(0)  コメント(0) 

JR北海道乗り鉄の旅3(北斗星広場) [旅行記]

DSC_0227-1.jpg
3日目は札幌からキハ281系スーパー北斗で函館に移動。733系1000番台函館ライナーなど撮影。
DSC_0148-1.jpg
DSC_0178-1.jpg
DSC_0150-1.jpg
市電にも乗車。
DSC_0161-1.jpg
DSC_0165-1.jpg
DSC_0166-1.jpg
DSC_0176-1.jpg
4日目は函館朝市見学。タラバガニの踊り販売。
DSC_0162-1.jpg
かの有名な函館しかない店。
DSC_0156-1.jpg
ここから道南いさりび鉄道で茂辺地へ。しかしJR最強パスは使えません。別料金です。乗車したのはキハ40ながまれ号。
DSC_0182-1.jpg
DSC_0187-1.jpg
DSC_0189-1.jpg
到着した茂辺地無人駅です。
DSC_0241-1.jpg
つい先日ここに北斗星広場があると知り訪問しました。歩いてすぐの所にありました。
DSC_0191-1.jpg
ちょうど2年前寝台特急北斗星が引退して,その内の2両が保存/展示して一般公開されております。車両はオハネフ25-2とスハネ25-501。
DSC_0193-1.jpg
DSC_0198-1.jpg
開放式B寝台車オハネフ25-2。
DSC_0194-1.jpg
DSC_0228-1.jpg
中華レストランも隣にあります。
DSC_0230-1.jpg
ロビー室/B個室ソロの合造車スハネ25-501。
DSC_0195-1.jpg
2年以上の屋外展示では塗装剥が目立ちますが。車内にも入れます。大変綺麗です。オハネフ。
DSC_0206-1.jpg
DSC_0207-1.jpg
DSC_0212-1.jpg
DSC_0210-1.jpg
スハネ。
DSC_0201-1.jpg
DSC_0202-1.jpg
DSC_0204-1.jpg
DSC_0205-1.jpg
茂辺地からは木古内へ。
DSC_0249-1.jpg
無事大宮到着して今回2回目のJR北海道乗り鉄の旅を終えました。最後までお付き合いいただきありがとうございました。
The End(JR北海道乗り鉄の旅)

nice!(1)  コメント(0) 

JR北海道乗り鉄の旅2(ノロッコ/フラノラベンダーエクスプレス号) [旅行記]

DSC_0109-1.jpg
2日目は札幌からライラック号で旭川へ。車両は青森/函館間で運用を終了したスーパー白鳥789系でした。
DSC_0064-1.jpg
ちょうどキハ261系特急サロベツ稚内行が出発するところでした。
DSC_0074-1.jpg
旭川からは富良野線で美瑛へ。
DSC_0080-1.jpg
美瑛の綺麗な街並み。
DSC_0084-1.jpg
ここから富良野まで富良野/美瑛ノロッコ5号に乗車。
DSC_0085-1.jpg
DSC_0086-1.jpg
DSC_0094-1.jpg
編成はDE15-1533+オハテク510-51+オハテク510-2+ナハ29-002+オクハテ510-2
車内。
DSC_0101-1.jpg
DSC_0100-1.jpg
DSC_0099-1.jpg
DSC_0097-1.jpg
富良野行の先頭車オクハテには運転室があり最後尾のDE15を操縦して推進運転しております。
DSC_0104-1.jpg
車窓。
DSC_0103-1.jpg
富良野からは根室本線経由のフラノラベンダーエクスプレス4号で札幌まで乗車。この日走行予定のキハ183系クリスタルエクスプレスが窓ガラスが割れて修理になり旭山動物園号が代走となりました。
DSC_0121-1.jpg
DSC_0131-1.jpg
DSC_0128-1.jpg
DSC_0126-1.jpg
キッズルームがあります。
DSC_0122-1.jpg
側面方向幕はシールを貼って無点灯。
DSC_0132-1.jpg
To be continued
nice!(0)  コメント(0) 

JR北海道乗り鉄の旅1(特急ニセコ号) [旅行記]

DSC_0034-1.jpg
先週末から大人の休日俱楽部最強パスを利用して北海道まで行ってきました。ちょうど2年前の北海道新幹線開業前に新青森からスーパー白鳥に乗り換えて渡っておりました。今回はいっきにE5系はやぶさで新函館北斗まで。
DSC_0001-1.jpg
青函トンネル内ではかなりスピードを落としておりましたが大宮より3時間台で到着。
新函館北斗からキハ281系スーパー北斗で長万部で下車。キハ40も健在です。
DSC_0017-1.jpg
DSC_0021-1.jpg
ここからキハ183系「特急ニセコ」で函館本線の山線を走行してニセコ経由で札幌まで。
DSC_0031-1.jpg
編成はキハ183-214+-31+-16+-213の4両。
DSC_0030-1.jpg
側面方向幕は「特急札幌」
DSC_0037-1.jpg
車内は。
DSC_0044-1.jpg
DSC_0046-1.jpg
かつてのC622/623重連が白煙を吐き上げての走行を思い出します。
ニセコ駅で。
DSC_0049-1.jpg
倶知安駅で。羊蹄山が眺められます。
DSC_0060-1.jpg
小樽駅では石原裕次郎がお出迎え。
DSC_0063-1.jpg
DSC_0061-1.jpg
To be continued

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ