So-net無料ブログ作成

グランライトの減光1 [グランライト新LED室内灯]

CIMG4177.JPG
KATOのクルーズトレインななつ星の発売以来,グランライト室内灯の減光のお問い合わせが来ております。グランライトとグランライトSを減光してみました。
入力端子の片方にチップ抵抗を入れるのが一番簡単なのですが、端子を使用してしまうのとLEDとの距離が遠くなりますのでブリッジダイオードを通した基板上で加工してみました。
この位置で基板をカットしました。グランライト(上)とグランライトS(下)
CIMG4168.JPG
基板の両面テープを剥がした裏面はこの位置。
CIMG4182.JPG
減光用チップ抵抗(サイズ3216を)付けました。値は330Ω(お好みで)にしました。
CIMG4170.JPG
ブリッジダイオードの+とチップ抵抗を0.29mmのスズメッキ線で配線しました。ポリウレタン銅線だったら接触は気にしなくてもいいですね。
点灯してみました。グランライト。
CIMG4179.JPG
グランライトS。写真だとわかりにくいですが、減光しているのが一目でわかります。
CIMG4175-1.jpg
この方法だと入力端子は今まで通り使えます。
次回はグランライトHTとグランライトⅡ。回路が違いますので今回と異なります。
To be continued



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。